これぞ絶景!カッパドキアの気球ツアー

メルハバ!(トルコ語で「こんにちは!」)

みなさん、トルコのカッパドキアという所をご存知でしょうか?

カッパドキアは「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」として世界遺産に登録されていて奇妙な形の岩などが有名です。

また、たくさんの気球がカッパドキア上空を飛ぶことでも知られています。

僕の場合、無数の気球が飛ぶ絶景を写真で見て、カッパドキアのことを知りました。

その写真を見て、いつかそこで実際に気球に乗りたいと思っていました。

そして先日、その念願だった気球に乗ることができるツアーに参加し、とても良かったのでそのことについてまとめました!

申し込み

僕は泊まった宿「ピースストーンハウス」でツアーの申し込みをしました。

値段は120ユーロ(約15,800円)です。

最初、その宿で言われた値段は130ユーロ(約17,000円)でした。

ただ、それが安いのか高いのか分からなかったのでその場では決めず、とりあえず街のツアー会社を聞き回ることにしました。

すると、どこもだいたい130ユーロだったのですが、一つだけ120ユーロにしてくれたところがありました。

それを宿に帰ってホテルのスタッフに話したところ、あっさりと「じゃあ、120ユーロでいいよ」とのこと。

120ユーロにしてくれたツアー会社には申し訳なかったのですが、同じ値段なら宿で申し込んだ方がいいと思い、そうすることにしました。

ピックアップ

申し込みを終えると宿のスタッフに「朝の3時55分にフロント前に来て」と言われました。

「そんなに早いの⁈」と思いながらも絶景を見るためなので仕方ありません。

なんとか3時半頃に起き、3時55分にフロントに行くと4時過ぎに迎えの車が来ました。

すでに何人か車に乗っていて、さらに別の宿で数人ピックアップした後、気球会社のオフィスに向かいます。

ちなみに僕が乗ったのは、「TURKIYE BALLOONS」という会社です。

飛行場所へ

オフィスに着くと、そこではビュッフェ形式の朝食が用意されていました。

f:id:karatabi:20180715155400j:image

こんな感じです。

朝食を食べながら待っていると、5時頃に呼ばれて指定された車に乗ります。

その車には16人の参加者が乗っていて、この16人が同じ気球に乗るということです。

車内では、パイロットのエルダルさんが「今日が初めてのフライトなんだ、ハハハ」と冗談を交えながら(冗談とは言ってなかった…)気球に関する説明をしてくれました。

そして、30分ほど移動すると僕たちが乗る気球のところに到着しました。

f:id:karatabi:20180715155408j:image

これが僕が乗った気球です。

f:id:karatabi:20180715155342j:image

気球のところに着いたときには、いくつかの気球がすでに飛んでいました。

街のツアー会社を回ったときに高いものだと200ユーロを超えると言っていたのですが、すでに飛んでいた気球たちは、おそらく高いものだと思います。

フライト

いよいよフライトの時間がやってきました!

かごに乗り込み、気球内に熱風を送ります。

すると、気球がだんだん膨らんできて離陸します。

f:id:karatabi:20180717045517j:image

離陸直後はそんなに高度をあげずに渓谷の上を低空飛行していました。

その頃パイロットのエルダルさんは気球を操作しながら、「この気球の名前はタイタニックと言うんだ」と言って、タイタニックのテーマソングを流し始めます笑

タイタニック号のように沈没しないことを願うばかりです…

f:id:karatabi:20180717045630j:image

少し高度をあげたかと思うと再び渓谷が現れ、今度は渓谷に沿うように飛びます。

岩にぶつかって、ほんとに墜落するのではないかとヒヤッとします。

f:id:karatabi:20180717045807j:image

そうこうしているうちに山の向こう側から朝日が顔を覗かせてきました。

朝日が昇るとともに気球も高度をあげていきます。

f:id:karatabi:20180717045901j:image

カッパドキアの奇岩群上空を無数の気球が飛んでいる光景はまさに絶景です!

f:id:karatabi:20180717052321j:image

その後も上昇・下降を繰り返しながら飛行を続けます。

f:id:karatabi:20180717050029j:image

朝日をバックに気球が飛ぶ光景もいいですね!

もう少しこの光景を見ていたいところですが、フライトの時間も終わりが近づいてきました。

f:id:karatabi:20180718045349j:image

いくつかの気球が着陸していて僕が乗る気球も少しずつ下降していきます。

着陸

名残惜しいですが、約1時間のフライトが終わり着陸態勢に入ります。

f:id:karatabi:20180717050105j:image

着陸はパイロットと車の運転手が息を合わせ、このように車の後ろに引いている荷台の上に行います。

僕が乗る気球もパイロットが車の運転手に声をかけながら、着陸場所を微調整していました。

そのおかげかあまり衝撃もなく無事に着陸成功です!

f:id:karatabi:20180717050136j:image

全員がかごから降りると、無事着陸したことを祝ってシャンパンで乾杯します。

f:id:karatabi:20180717050205j:image

その後は一人ずつ名前が呼ばれ、気球に乗ったという証明書が渡されました。

思い出になりますね!

f:id:karatabi:20180717050330j:image

最後にパイロットのエルダルさんと記念撮影を行いました。

エルダルさんは冗談を交えながらも運転技術がしっかりしていて、とても良いパイロットでした!

彼のおかげで、この気球ツアーが一層楽しいものになりました。

まとめ

値段は約15,800円となかなかしましたが、そのお金を払っただけの価値はあったと思います。

なのでカッパドキアを訪れた際は、ぜひこの気球ツアーに参加することをオススメします!

あと注意点が1つあって、僕が乗った次の日は天候が良くないということで中止になっていました。

万が一に備えてスケジュールに余裕を持った方が良さそうです。

では、テシェッキュル!(「ありがとう!」)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です