これを使えばぼったくりの心配なし!配車アプリ「Grab」の使い方

サワディークラップ!

ベトナムやタイの街中を歩いていると、よくトゥクトゥクやタクシーの運転手に

「どこ行くの?」「乗っていかない?」とよく声をかけられました。

しつこいなと思いつつ、遠いところに行くときや歩き疲れてしまったときなどには乗りたくなります。

しかし、街中で声をかけてくるトゥクトゥクやタクシーに乗る際は値段交渉が必要で、しかも降りるときになって最初に言っていた値段より高く要求してくる場合もあります。さらに、ちゃんと目的地まで連れていってくれるかという不安なんかもあります。

全員が信用できないというわけではないですが、正直なことを言うとトゥクトゥクやタクシーの運転手はあまり信用していません笑

では、どこへ行くにも歩いていくのかというとそういうわけにもいかないので、そんなときに便利なのがGrabというアプリです。

Grabとは?

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App

  • Grab.com
  • 旅行
  • 無料

Grabはマレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、カンボジアで使うことができる配車アプリです。

ユーザーが指定した場所まで車が迎えに来てくれて、目的地までの料金が前もって確認できるのでぼったくりの心配もありません。

Wi-Fiなどのネット環境があれば簡単に使うことができます。

Grabの使い方

便利なアプリ「Grab」の使い方を紹介していきます。

1.目的地を設定

出発地は自分がその時いる場所に指定されているので、まず目的地を設定します。

f:id:karatabi:20180704063903j:image

目的地の名称を入力するか、右上のマークを押すと地図が出てくるのでピンを置くことで目的地を設定することができます。

2.車種を選択

目的地を設定したら次に車種を選択します。

f:id:karatabi:20180704063943j:image

赤枠部分をタップすると車種を選択する画面が出てきます。

使う国・場所によって選べる車種が違うみたいで、1枚目の画像に写っているのがベトナムで、2枚目がタイで選べる車種です。

f:id:karatabi:20180704064022p:image

*ベトナム

f:id:karatabi:20180704064031p:image

*タイ

全ての車種を利用したわけではないので分からない部分もあるのですが、それぞれの車種がどのようなものか分かる範囲で説明していきます。

Just Grab:タクシーか、個人ドライバーのどちらかです。

Grab Car:個人ドライバーで、4や7と書いてあるのは乗車可能人数です。個人ドライバーなので見た目は普通の車です。

Grab Taxi:一般的なメータータクシーです。料金が○○ー○○と書かれているのは交通状況によって値段が変わるためです。

Grab Bike:バイクの後ろに乗ります。荷物が少ないときはバイクが一番安くていいと思います。ちなみにこのときの出発地から目的地までは10kmほどありますが、バイクだと39,000ドン(約190円)です。

Grab Share:目的地の方向が同じ利用者で車をシェアします。

Grab Car Plus:これは使ったことないのでよく分からないのですが、どうやら評価が高いドライバーを選んでくれるみたいです。

3.支払い方法を選択

車種を選択したら次は支払い方法を選択します。

f:id:karatabi:20180704064253j:image

この画面上では支払い方法は現金となっていますが、赤枠部分をタップするとクレジットカードを選択することもできます。

クレジットカードを選択しておけば、財布を出す面倒もなく楽なので僕は基本的にクレジットカードで支払いをしていました。

4.予約して乗車

f:id:karatabi:20180704064326j:image

ここまできたらあとは「Book」をタップし、予約を完了させます。

予約が完了すると、ドライバーの顔写真と車のナンバーが表示されます。

また地図上ではドライバーの現在地が表示され、あと何分で到着するかが分かります。

車が到着したら、ドライバーの顔と車のナンバーを確かめて乗車するだけです。

5.支払いを済まして降車

目的地に到着したら、支払いを済ませて降ります。

支払い方法をクレジットカードに選択している場合は支払いのやり取りがなく、到着するとすぐに降りられます。

のちにGrabからメールで領収書が送られてきます。

注意点

以上のように使い方は簡単なのですが、注意点があります。

1.車の待機場所

出発地は自分がその時いる場所に設定されますが、出発地を変えることもできます。

しかし、複雑な道だとドライバーがユーザーを見つけられない場合があります。

このとき、もしネット環境がないところに出発地を設定していたらドライバーと連絡が取れず、結局会うことができないという可能性があります。

常にネットにつながっている状態なら大丈夫ですが、そうでない場合は出発地を変えずに連絡が取れる状態を維持しておくのが良いと思います。

2.高速代

タイ市内からスワンナプーム空港に行くときに高速道路に乗ったのですが、降車時に払う料金とは別に高速代として75バーツ(約250円)を要求されました。

そのときの車種はGrab Taxiで、予約前の値段はたしか325-430バーツと表示されていました。

結局、料金は300バーツで高速代と合わせても375バーツだったので、予約前に示されていた料金内に収まりましたが、交通状況が悪かった場合もしかしたら高速代と合わせて430バーツを超えていたかもしれません。

まとめ

最初「Grab」を使う前はどうせ値段が高いのだろうと思っていましたが、全くそんなことはなく、むしろ街中で捕まえるトゥクトゥクやタクシーよりも安いかもしれません。

ぼったくられる心配もなく、確実に目的地まで連れていってくれる上に値段まで安いとなったら使うしかないですよね笑

トゥクトゥクに乗って東南アジアを味わいたいという人もいると思いますが、安全に移動したいという人にはこの「Grab」をオススメします!

では、コップンクラップ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です